Kita-Colle ART

「渋谷の街中にある壁面というキャンバスに魅力を感じた」小町渉 〈シブヤ・アロープロジェクト 参加アーティストインタビュー〉

2020.12.15

現在、渋谷の街中でチラホラ見かける、矢印をモチーフにしたアート作品群。JRの高架下では巨大な壁画として描かれていたり、渋谷キャスト前では立体オブジェになっているなど、手法は違えどみんなどこか特定の方向を指しています。


実はこれらは、渋谷区も共催しているシブヤ・アロープロジェクトによるパブリックアートで、矢印(アロー)が示すのは、地震などの大きな災害が起きた時に退避できる安全な場所“一時退避場所”の位置なんです。


言葉の壁を超えて意味を伝えることができる“矢印のデザイン”を、平常時も楽しめるアート作品として区内の必要な場所に設置することで、国内外の来街者に一時退避場所の場所を認知してもらい、発災時の誘導を支援するものだとか。


「ストリートの自由な空気感を損なわないことを意識しました」


 小町渉01 小町渉02


そんな行政主導のプロジェクトでも、どこかアナーキズムを感じさせるエッジが効いたコラージュアートを展開するのは小町渉さん。参加理由は「“渋谷の街中にある壁面”というキャンバスに魅力を感じました」と言う通り、その作品は実際にJRの高架下で見ることができます。


「通常の作品制作と違い、このプロジェクトは『避難場所への誘導』という伝えるべきことがハッキリしているため、スムーズに進行することができました」と、作品自体は迷いなくイメージできたそうですが、実際に描くときは“街中の壁面”という特殊なキャンバスならではの苦労もあったとか。


「作品はスプレー缶で描きましたが、高架下を行き交う歩行者の方々に、スプレーの匂いや飛沫が飛ぶことを避けるため、スタッフの方に歩行者が壁面前を通行するタイミングで、声掛けをお願いしていました。その度に作業を中断するのですが、これが通勤の時間帯になると、なかなか作業が進まない(笑)。それでも、普段の1人での制作とは異なり、チームプレーで制作しているという実感もあり、とてもよい経験になったと思っています」


そうして誕生した作品は、サブカルチャーの拠点でもある渋谷の街に見事にマッチ。20代の頃にはパンクバンドを組み、渋谷はメンバーとよく訪れていた小町さんだからこその作品です。


「もちろん許可を得た上で壁面に描いているわけですが、街中にあるグラフィティ(イリーガルな壁面アート)のように、ストリートの自由な空気感を損なわいことを意識しました。なるべく作品が街の雰囲気に溶け込むように」


小町渉03


ちなみに、小町さんがお気に入りのミュージアムは、デンマークのアルケン近代美術館と、ドイツにあるクンストヴェルケ現代美術センターの2つ。なるほど納得のセレクトです。さらに現在は、肉体と精神のバランスをテーマにしたコラージュ作品のシリーズ《Story of Legendary Muscle Man (伝説のキン肉マンの生涯)》を制作中とのこと。こちらはリモート展示を予定しているらしいですが、それが実現すれば世界中からアクセスが殺到しそうです!


 


小町渉:東京都出身。ジャンルに囚われない活動スタイルで、国内外問わず幅広い層に支持されている。ファッション業界や音楽業界にもファンが多く、ガールズバンドSCANDALのベスト盤のアートワークや、ロックバンドONE OK ROCKツアーオフィシャルTシャツのデザインも担当。2018年にはオーストラリアでコラージュ展を開催。同年に、銀座の大型文化施設「プラストーキョー」VIPルームのアートワークを手掛けている。http://www.watarukomachi.com


プレゼント『シブヤ・アロープロジェクト』の作品がステッカーに!


「Kita-Colle ART」の読者10名に、ミック・イタヤさんの作品のステッカーをプレゼントいたします。必要項目を記入の上、シブヤ・アロープロジェクト事務局宛(shibuya-arrow@prk.co.jp)でメールにてご応募ください。応募期間は12月28日(月)までです!


ステッカー5
プレゼント商品:シブヤ・アロープロジェクト『小町渉』ステッカー


【応募要項】


件名には「キタコレ!アート ステッカープレゼント⑤係」と記載の上、shibuya-arrow@prk.co.jp へ下記の内容をお送りください



  • 件名:キタコレ!アート ステッカープレゼント⑤係

  • お名前

  • 住所(郵便番号を含む)

  • 年齢

  • 電話番号


なお当選発表は発送をもってかえさせていただきます。メールにてお預かりしました個人情報は適切に管理し、プレゼントの発送及びそのご連絡を目的として使用させていただき、第三者に提供することはありません。


プレゼントに関する問い合わせ先:03-3263-5628(シブヤ・アロープロジェクト広報事務局)

その他のおすすめコラム